読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外競馬巡回記

海外競馬の情報収集方法を研究しております

海外競馬巡回記(ブラジル競馬編)

巡回記 ブラジル競馬

2/21にブラジル・ガベア競馬場にて9-c族のRe Dudu PaffutoがClasico Jose Calmonというレースに勝利しました。このClasico Jose Calmonは重賞でなくリステッドレースなのですが、リオデジャネイロ地区2歳戦のトップ時期のオープンクラスのレースでもあり、2013年のこのレース勝ち馬Bal a Baliが後にリオデジャネイロ地区の三冠馬に輝いたように重要なレースであることに間違いないと思います。ということもあってブラジル競馬への理解を深めたいと思います。

 ブラジル競馬の簡単な概要を示しますと

  1. パート1国である
  2. 芝・ダートともにやっているが大レースは芝
  3. サンパウロ地区とリオデジャネイロ地区がメイン。サンパウロ地区はシダーデジャルディン競馬場でサンパウロ・ジョッキー・クラブが主催。リオデジャネイロ地区はガベア競馬場でブラジル・ジョッキー・クラブが主催。他にもポルト・アレグレ等でも開催されています。
  4. レース体系としてサンパウロ地区・リオデジャネイロ地区別々に三冠路線が存在する
  5. アグネスゴールド種牡馬として活躍中!

情報はサンパウロ地区は「Jockey Club de São Paulo」から、リオデジャネイロ地区は「Jockey Rio」から入手できます。過去情報を含めレース体系をつかむなら「主禁」がとにかく使い勝手が良いです。

Bal a Baliの経歴を参考にRe Dudu Paffutoの今後の出走候補を見てみましょう。まずは2歳戦。ちなみにBal a Baliは3月のMario de Azevedo Ribeiroは勝利。5月のConde de Herzbergではブラジル時唯一の敗戦(3着)を喫しています。

  • 3月 GP Mario de Azevedo Ribeiro (G3) 芝1300m
  • 4月 GP Jose Paulino Nogueira (G3)芝1400m
  • 5月 GP Conde de Herzberg (G2) 芝1500m
  • 6月 GP Jockey Club Brasileiro (G1) 芝1600m

ブラジルでは7月に馬齢が加算されるようでここから3歳戦。その前半には三冠レースはなく、代わりに古馬混合戦が始まります。リオ地区の3歳重賞も少なめ。この時期のBal a Baliは9月と11月に非重賞(Copa Leiloes J. C. Brasileiro-Potros、Clasico Ernani de Freitas)で勝ち12月に古馬混合のGP Julio Capua (G3)に勝利しています。

  • 8月 GP Jose Buarque de Macedo (G3)芝1600m
  • 10月 GP Linneo de Paula Machado (G1) 芝2000m

年が明けて三冠レースが始まります。Bal a Baliは三冠を制し、さらに5月にGP Doutor Frontin (G2)を挟んでGP Brasilも制し、その後アメリカへ移籍しました。

  • 1月 GP Estado do Rio de Janeiro (G1)芝1600m。リオ地区三冠その1
  • 2月 GP Francisco Eduardo de Paula Machado (G1)芝2000m。三冠その2
  • 3月 GP Cruzeiro do Sul (G1)芝2400m。三冠その3
  • 6月 GP Brasil (G1)芝2400m

さてブラジル競馬にも牝馬路線もありますし、サンパウロ地区の競馬もありますが、その辺りは新たな9-c族が登場すれば理解が深まることでしょう。今はRe Dudu Paffutoの活躍を楽しみにしています。

youtu.be