読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外競馬巡回記

海外競馬の情報収集方法を研究しております

インド種牡馬辞典 BURDEN OF PROOF

インド競馬
BURDEN OF PROOF(IRE) 1992
FAIRY KING (USA)  1982 NORTHERN DANCER (CAN) 1961 NEARCTIC (CAN) 1954
NATALMA (USA) 1957
FAIRY BRIDGE (USA) 1975 BOLD REASON (USA) 1968
SPECIAL (USA) 1969
BELLE PASSE (IRE) 1985 BE MY GUEST (USA) 1974 NORTHERN DANCER (CAN) 1961
WHAT A TREAT (USA) 1962
PASSING FANCY (USA) 1973 BUCKPASSER (USA) 1963
PRINCESSNESIAN (USA) 

繋養牧場:Kunigal Stud

現役時代

Japan Bloodhorse Breeders' Associationのデータによる(参照)と主にアイルランドで走り32戦12勝2着5回。主な勝ち鞍はInternational Stakes(IRE,G2)、Minstrel Stakes(G3)、Greenlands Stakes(G3)、Beresford Stakes(G3)。マイルあたりを主戦場としていたようです。

血統

FAIRY KINGデインヒル系といいオーストラリア向きなのがインドでも向いてるのかなという気もする。同じ父FAIRY KINGのオースが日本で全くダメだったのに、インドではそれなりに活躍馬を出しているのは日本とのスピードの差もあるだろうけどやっぱりそもそも向いてるんだと思う。

母BELLE PASSE(父BE MY GUEST)。BURDEN OF PROOFの妹カリブレディは繁殖として日本にやって来ており現役馬だとクリノメルクリウスの母です。3代母のPRINCESSNESIANはHollywood Gold Cup(G1)の勝ち馬で、日本に種牡馬としてやって来たロイヤルニジンスキーの母でもあります。

実績
  • DESERT GOD [Invitation Cup (Gr.1)、Indian Derby (Gr.1)、Calcutta Derby (Gr.1)、Deccan Derby (Gr.1)他多数]
  • ACCOLADE [Pune Derby (Gr.1)、Poonawalla Breeders' Multi-Million (Gr.1)、Deccan Colts Championship Stakes (Gr.3)]
  • ARABIAN PRINCE [Golconda Derby (Gr.1)、Stayers Cup (Gr.1)、Indian Champion Cup (Gr.1)、Bangalore St.Leger (Gr.2)]
  • ABOLINE [Derby Bangalore (Gr.1)、Super Mile Cup (Gr.1)、Calcutta 2000 Guineas (Gr.2)、Bangalore Juvenile Million (Gr.3)]
  • MARIINSKY [Indian 1000 Guineas (Gr.1)、Bangalore 1000 Guineas (Gr.2)、F.D. Wadia Trophy (Gr.2)、Poonawalla Million (Gr.3)]
  • AGOSTINI [Bangalore Derby (Gr.1)、Governor's Cup (Gr.3)、Queen Elizabeth II Cup (Gr.3)]
  • SPREADEAGLE [Deccan Derby (Gr.1)、Mysore Derby (Gr.1)2着]
  • SALAZAAR [South India Derby (Gr.1)]
  • BRILLIANT CUT [Bangalore 2000 Guineas (Gr.2)、Bangalore Derby (Gr.1)2着]
  • NEW ALLIANCE [Bangalore Oaks (Gr.2)、Mysore 1000 Guineas (Gr.3)]
  • CASTLEBRIDGE [Calcutta Million (Gr.2)、Indian Champagne Stakes (Gr.3)]

他多数。現役最強馬から多種多彩。

特徴(個人的印象)

フジキセキマヤノトップガンと同い年でさすがに老いてきたと思われますが今年に入ってCASTLEBRIDGEが3歳重賞連勝してたりで、やっぱり底知れなさがあります。近況は短距離よりにシフトしていますが歴代の一流馬は2000m以上で抜群の実績を上げている。

f:id:domino:20170311122649p:plain

f:id:domino:20170311122814p:plain